img_01

過払い金返還請求について

過払い金とは、グレーゾーン金利が存在していた時代に、利息制限法の定める上限を超えて払っていた利息のことです。

グレーゾーン金利が廃止されたのは2007年6月ですから、それ以前から貸金業者と取引のあった方は、過払い金が発生している可能性があります。特に2007年6月以前に借金を完済している方は、返還請求を行えば、ほとんどのケースで払いすぎた利息を取り戻せるでしょう。しかし、返還請求の期限は最後に取引をした日から10年間と決まっています。
仮に多額の過払い金が発生していたとしても、時効を迎えてしまった後では手遅れになるので、心当たりのある方は直ぐにでも手続きを始めた方が良いでしょう。

過払い金返還請求の流れとしては、まずは貸金業者に対して取引履歴の開示要求を行うことになります。
開示要求の手続きは貸金業者毎に異なり、電話をしただけで郵送されるケース、来店して開示請求書への記載を求められるケースなど様々です。

契約をした支店やホームページに記載されている連絡先に問い合わせてみると良いでしょう。



取引履歴を取り寄せた後は、法定利息に照らして引き直し計算を行います。

便利な日本経済新聞に関する情報をまとめました。

引き直し計算は無料・有料のソフトを使って自分で行うこともできますが、信頼性を考えて、法律事務所に依頼する方も多い様です。

引き直し計算の計算書を作成した後は、返還請求通知と共に貸金業者に送付し、答弁書(和解案)を受け取ります。

過払い請求情報のご紹介です。

満足の行く返還を受けるためにも、専門家である法律事務所に相談した方が良いでしょう。