img_01

過払い金は銀行の融資では絶対に生じない

過払い金問題は銀行の融資では発生しないので、この前提を忘れないようにしておく必要があります。

元々一般人は、現金を借りるために銀行から小口の融資を受けることはできません。

すごく便利なアコムの過払いの情報が必要な方必見です。

何故かと言うと、そもそも銀行では小口の融資そのものを提供していないことが多いからです。

銀行が提供する融資のサービスの大半は、多額の現金に対して利息を設定するものばかりです。

MBSニュースについて興味がある方にオススメのサイトです。

銀行は、銀行法という法律に基づいて金融商品を提供することが可能な立場にあります。

金融商品の中には現金を貸すだけではなく、消費者から現金を預かってそれを運用することも認められています。



現金を預かって運用することができるのでその多額の資金を元に大手の企業に利息付きでお金を貸せばそれによって大きな収益を銀行は得ることができます。


では、一般人はどこから小口の融資を借りていたのでしょうか。


それは、貸金業者という小さなお金を貸してくれる業者です。

貸金業者は、銀行法のような金融機関のサービス内容を定める法律とは違って貸金業法という貸金に特化した法律によって成り立っています。

貸金業法のもとでサービスを提供する際には、現金を借りる消費者が小口でも現金を借りるようにできていますので銀行で多額のお金を借りる必要が無い、または借りることができない消費者はこうした貸金業者が提供する融資のサービスを利用していました。

そして、この貸金業者で借りた融資に対してのみ過払い金問題が生じるのです。
貸金業の利息の法律は貸金業法に基づいて行われていたので、この問題点によって生じたのが現在の過払い金問題の全てです。